「辻仲病院グループ」の肛門科診療、大腸内視鏡検査を新橋で

東京都港区新橋にある「アルト新橋胃腸肛門クリニック」は、肛門科、胃腸科領域において全国屈指の診療実績を誇る「辻仲病院グループ」の東京都港区分院です。

肛門科では、症状に応じて痛みに極力配慮した痔の日帰り手術を、胃腸科ではきわめて楽に受けられる大腸内視鏡検査、胃内視鏡検査を実施しており、いずれもご好評をいただいております。

JR山手線新橋駅から徒歩1分の便利な立地にあり、外来診察は予約不要でご来院いただけます。どうぞお気軽にご相談ください。

クリニックからのお知らせ

◆隔週火曜日の担当医について
本院の浜畑院長が担当しています。略歴等は、上の「辻仲病院グループ」アイコンから辻仲病院柏の葉ホームページでご覧ください。

◆大腸内視鏡検査を受けられる方へ
70歳以上の方は医師の判断により、本院(千葉県柏市:新橋より約50分)での入院検査をご案内することがあります。

◆診療実績
2015年度
肛門科手術 272件、胃内視鏡検査 474件、大腸内視鏡検査 1,310件、大腸ポリープ切除 243件

2016年度
肛門科手術 376件、胃内視鏡検査 660件、大腸内視鏡検査 1,454件、大腸ポリープ切除 363件

2017年度
肛門科手術 559件、胃内視鏡検査 605件、大腸内視鏡検査 1,226件、大腸ポリープ切除 423件

2018年度
肛門科手術 618件、胃内視鏡検査 624件、大腸内視鏡検査 1,341件、大腸ポリープ切除 461件

2019年度(2019.4の1か月分)
肛門科手術 50件、胃内視鏡検査 60件、大腸内視鏡検査 118件、大腸ポリープ切除 47件



肛門科・胃腸科の症状について こんなときにご相談ください

大腸の症状(胃腸科)

下痢、便秘、腹痛、腹部不快感、おなかが張る、便潜血陽性、大腸がんや大腸ポリープの心配、血便、粘血便、粘液が出る、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)希望 など

胃の症状(胃腸科)

胃が痛い、重い、もたれる、胸やけ、吐き気、胃が張る、腹痛、膨満感、食欲不振、胃がんや胃潰瘍、胃炎の心配、ピロリ菌の除菌 胃の内視鏡検査(胃カメラ)希望 など

肛門・痔の症状(大腸肛門科)

痔の痛み、痔の腫れ、痔の脱出、出血、かゆみ、肛門がせまい、便がもれる、残便感、痔核、痔ろう、裂肛の治療 など