大腸ポリープと大腸がん

医療技術の進歩により、大腸がんによる死亡はほとんど予防できる時代になりました。大腸がんの大半は、大腸ポリープを放置したために生じます。大腸ポリープの段階であれば、大腸内視鏡検査のときに簡単に切除して治すことができます。

大腸ポリープは普段は症状がなく、検診の便潜血検査で発見することも困難です。特に症状がなくても、定期的に大腸内視鏡検査を受けて、大腸ポリープのうちに治療しておけば、大腸がんで命を落とす可能性をほとんどなくすことができます。

ある程度の年齢(40代くらい)になれば、一度は大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。
 

大腸ポリープについて

大腸ポリープについて

大腸ポリープとは、大腸の管の中にできた「できもの」のことをいいます。ほとんどのポリープはイボのような丸い形をしていますが、ひらべったいタイプのポリープもあります。

大腸ポリープには、「炎症性ポリープ」や「過形成性ポリープ」といったがんにならないポリープ(非腫瘍性ポリープ)と、「腺腫」といってがんになる可能性のあるポリープ(腫瘍性ポリープ)があります。腺腫は“がんの芽”と考えることができます。小さいうちは良性だった腺腫が時間とともに徐々に大きくなると、がん化する可能性が高くなってきます。

ある程度大きいポリープ(5mm以上が目安)は、がん化している可能性があるので、切除が必要です。良性のポリープや、ごく浅い段階の早期大腸がんであれば、内視鏡で切除して治すことができます。

一方、早期の大腸がんであっても、ある程度深く潜り込んだものは内視鏡では切除できませんので、手術が必要となります。大腸ポリープを内視鏡で切除した方は、通常一年後に大腸内視鏡検査で経過観察をお勧めしております。

これは、大腸ポリープを切除した方の場合、通常の方よりもポリープができやすい体質と考えられるためです。前回の検査で見えなかった小さいポリープが、一年後に大きくなっている可能性があるのです。
 

大腸がんについて

大腸がんで命を落とすのはもったいない!

大腸がんについて

最近の食生活の欧米化により、日本人にも大腸がんが急増しています。現在、大腸がんは、日本人のがんによる死因のトップになりつつある怖い病気です。大腸がんの恐ろしいところは、「かなり進行するまで症状がなく、発見が遅れやすい」ということです。

幸い大腸がんは進行スピードが遅いがんであり、早期のうちに発見された大腸がんは、ほとんど治すことができます。しかし進行がんで出血や腹痛などの症状が出現している場合、死亡率は急激に高くなることがわかっています。

そこで、症状が出現する前に、定期的に大腸内視鏡を受けることが重要となります。40代後半になっても一度も腸の検査を受けたことがない方は、ぜひ一度大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

大腸がんの大半は、大腸ポリープを長年放置しておいたために生じることが分かっています。大腸ポリープの段階であれば、内視鏡で切除して簡単に治すことが可能です。定期的に大腸内視鏡検査を受け、ポリープのうちに切除してしまえば、大腸がんで命を落とす恐れをほとんどなくすことができます。

当院は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の専門クリニックとして、「楽」で「高精度」かつ「安全」な検査を「短時間」で提供できる方法を長年追及してきました。無痛大腸内視鏡法(無送気ストレート法)の実用化により、以前と比べて圧倒的に楽な検査が実現可能となっております。

我々は内視鏡検査のエキスパートとして、苦痛がなく短時間でおわる検査を社会に提供し、大腸がんで命を落とす人を一人でも減らすことを使命と考えております。

当院ではほとんどの場合、大腸内視鏡検査は10~15分程度ですべて完了します(ただし検査用の下剤を飲む時間が別に必要となります)。数年おきに少し手間をかけるだけで、大腸がんで命を落とすリスクをほとんどなくすことができます。十分に元がとれると思いませんか?