行列のワケ ~新年のご挨拶~

新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えて、また心機一転、より一層、皆様に安心され、信頼されるクリニックを目指して、スタッフ一同、頑張っていこうと思います。宜しくお願いいたします。

さて、皆様ご存知の通り、当院では肛門疾患の診断と治療、また、胃カメラ、大腸カメラによる胃腸検査、治療に特化したクリニックです。このブログをご覧いただいているあなたも、肛門、もしくは胃腸に心配なことがあるから、ではないでしょうか。 🙄

東京23区内に限って言っても、本当に文字通り、山のようにたくさんの肛門科や胃腸科があり、自分の大切な体のことをどこで相談するのかを決めるのも一苦労です。 😐

 

ところで、当院は、ドクター1人で切り盛りしている小さなクリニックです。施設も小規模ですし、小奇麗にはするように努めておりますが、よその新築・新規開業のキラキラのクリニックとは格段に見劣りします。端々に老朽化も窺える始末です💦。

そのくせに、一丁前に、

なぜ、診察時間待ちが長いのか? なぜ、手術まで月単位で待ちがでるのか? なぜ、内視鏡検査の待ちも月単位なのか?

とても自虐的 😥   ですが・・・、でもでも、そんなクリニックになぜ行列ができるのか?それは・・・、

それでもいいから、アルトで診て欲しい!!

これなんだと思います。

待ってでも、診察を受けたい! 検査を受けたい! 手術を受けたい! 

そう、ここ、アルトで!!

 

アルトの診察待ち時間が長いのは、1人ひとりの患者さんとしっかりお話をして、じっくり診察して、今の病状を少しでも深く理解して、安心してもらいたいからです。

大切な体の事、心配な気持ち、それをすこしでも安心に導きたい。それには相応の時間がかかります。適当な診療はしないのがウチの売りなんです。その結果、多くの患者さんがアルトを選んでいただいているんだと思います。

 

検査や手術の予約待ちが月単位になっているのも、アルトの検査技術は安心できるアルトに命を預けてみよう、と多くの患者さんから信頼されているがゆえなのです。

クチコミサイトなどには決して出ない、診療への熱い情熱が、アルトにはあるのです!!

 

巷に肛門科・胃腸科クリニックが山のようにある中で、古びてるし、待たされるクリニック、アルト新橋クリニック。 😳

それでも、アルトにはアルトを信じて来てくださる患者さんが絶えません。それはなぜか?

 

その答えを、アルトに来て、肌で感じてください。心配な気持ちで受診してください。帰る頃には、また来たくなるクリニックだと、笑顔で家路につけることでしょう。

 

でもでも・・・、できるだけお待たせしないように、迅速かつ丁寧な診療を院長をはじめ、スタッフ一同で毎日、頑張っております 😳 。。。

今年もアルト新橋胃腸肛門クリニックを宜しくお願い申し上げます。

 

院長