明日も

キャモッシーです。先週に引き続き、坪本院長に許可を頂き、2週連続で登場です。

私には、2人の子供がいて、上の娘は小学5年生で、スイミングに通っている。

平日夜は私もスイミングの送迎に駆り出され、週に数日、運転のため禁酒日を設けさせられている。日曜日などは県の記録会などで、一日中泳ぎ、彼女の実力は、すでに私を凌駕した。3年ほど前、沖縄のマリオットホテル、ガーデンプールで開催された父娘の50M自由形決勝で私はすでに破れ、失意の夏休みを過ごした。そのときの優勝賞品で、SONYのウォークマンをプレゼントさせられ、今でも愛用している。競泳の合間や待ち時間に音楽を聴いて、自分を高めている娘は、さながらオリンピアンのようである。

その娘が、ウォークマンに入れる曲を増やしたく、例のごとくレンタルショップで探してほしいと。曲名はわからないが、アーティストは「しらす」だという。TSUTAYAの端末で何度も検索し、店員にも聞き、CD棚の隅から隅まで探したが見当たらない。

一旦家に帰り、娘に歌わせた。それは紛れもなく、SHISHAMOではないか。

私は知っていた。自分と同じ川崎市出身の3人組のガールズバンド、シシャモを。しかし、「しらす」ではなく、「ししゃも」だったじゃないかっ!と、娘を責めることはできない。なぜなら我が家の夕食では「しらす」を食べることはあっても「シシャモ」は食べないからだ。無理もない話だった。特に最近のこどもは、魚の名前がよくわからないのだろう。

それはさておき、このSHISHAMOの「明日も」という歌、いい歌である。とくに3番の歌詞が、私と娘の仕事と競泳に実に活かされている。

 

明日の自分のためだと思えば良い 泣くのは別に悪いことじゃない

昨日の自分を褒めながら 今日をひたすらに走ればいい

走り方はまた教えてくれる ヒーローに自分重ねて

明日も

 

ではまた次回、会いましょう。キャモッシー